オプション取引を始めるためには
menuオプション取引について詳しく説明しています
線
  
オプションって何?
  
オプション取引の仕組み
  
オプション取引の基礎
  
オプション取引の市場
  
           
 
   

先物取引との違い

売買の権利をやりとりするオプション取引ですが、
仕組みの似ている先物取引との違いは何?といった疑問を見かけます。

どちらもある物の将来を予測して、
現在の価格で買ったり売ったりする現物のない取引です。
大きく見ればそうですが、細かく見てみると違いがあります。

まずオプション取引では、
買い手によって売り手にプレミアムが支払われます。
先物取引にはこれがありません。
プレミアムがない代わりにレバレッジがかけられるという面もありますが。
それからオプション取引はいわゆる証拠金取引ではないので、
含み損が増えたとしても追加の証拠金は要りません。

ただし、満期日までに決済しなかった場合には権利放棄となり
オプションの価値は0、投資資金を失うことになります。
大きな痛手を受けにくいといえば受けにくいところです。

一方の先物取引には、
レバレッジによって投資資金の数倍かの取引を行なっても
変動率が変わりませんので、価値が0になるなんてことはほぼありません。

考えるイメージ

Copyright (C) 2012 オプション取引を始めるためには All rights reserved.