オプション取引を始めるためには
menuオプション取引について詳しく説明しています
線
  
オプションって何?
  
オプション取引の仕組み
  
オプション取引の基礎
  
オプション取引の市場
  
           
 
   

プレミアムとは?

今回は、オプション取引の特性とも言える「プレミアム」についてまとめていきます。

プレミアムとは、買ったり売ったりする権利を得るための対価で、
オプション取引を考える上ではとても重要なものです。
コール・オプションやプット・オプションの買い手側が
売り手側に支払う権利料といったところ。
プレミアムは、「真正価値」と「時間価値」の2つから構成されています。

真正価値は「本質的価値」ともいわれ、
権利行使した時に買い手が確実に得られる利益のことを言います。
コールの場合は原資産価格が権利行使価格を上回った時の差、
プットの場合は逆で権利行使価格が下回った時の差、
というように原資産価格と権利行使価格の差額分が
現時点でのオプションの価値となり、
満期日に権利を行使しなければ価値は失われます。
権利行使をするかしないかはプレミアムにも影響します。

時間価値は、プレミアムと真正価値の差額分にあたります。
満期日までの原資産価格の良い方向への変動、
つまり真正価値が大きくなることを期待する価値となります。
この時間価値は主に売り手側が重要視するものです。
売り手が受け取ったプレミアムは、時間経過とともに値下がりしていきます。
時間の経過はイコール満期日までの残存期間です。
それが続けば続くほど、原資産価格の変動率が激しいほど、
原資産の将来の価格は不確実性となって時間価値は高まっていくのです。
売り手にとってはこれらが重要であり、時間が過ぎることは有利なことなのです。

オプション取引は、利益は無限大、損失はプレミアムまでという
買い手の方が一見して有利なように思えますが、
売り手には売り手の有利な面があるというわけです。
売り手には、先にプレミアムを受け取れることをメリットと考え、
リスク発生よりも時間の経過に価値を見出す人がその役回りをします。
買い手に「時間」を売っているようなもので、
相場があまり変動しない場合には、時間が経つのを待っているだけでいいと言えます。

Copyright (C) 2012 オプション取引を始めるためには All rights reserved.