オプション取引を始めるためには
menuオプション取引について詳しく説明しています
線
  
オプションって何?
  
オプション取引の仕組み
  
オプション取引の基礎
  
オプション取引の市場
  
           
 
   

オプション取引の魅力

株やFXなどをはじめてみると
「オプション取引」という単語も目にすることがありますね。
オプション取引とは一体何だろう?
難しそうだ、と思われる方に向けて、
オプション取引の魅力についてお話したいと思います。

まずオプション取引がどういうものかといいますと、
原資産となる金融商品や現物商品を売買する権利(オプション)を売買することを指します。
オプションを買った人には、自分に有利な時にあらかじめ決めておいた価格で
原資産を買う(コールオプション)、売る(プットオプション)権利が発生します。
不利な時にはその権利を放棄することも可能です。

さらに、必ずその商品を取引しなければならないという義務もありません。
逆に売る側には買った人の権利行使に応じる義務があります。

ではいよいよその魅力について。
オプション取引には、対象商品の幅が広いという面白みがあります。
株式や為替や債券はもちろん、農作物、石油、貴金属、家畜と原資産は豊富です。

株式や為替を対象とするものを「金融オプション」、
農作物や石油などを対象とするものを「商品オプション」と読んだりしています。
円とドルを交換する通貨オプションという取引もありますね。
これだけあると運用する商品を選ぶのも一苦労ですが、
ハイリターンを得たいなら同程度のリスクも覚悟しなければならないのと一緒で、
その苦労も必須でしょう。

つづいて投資資金。
株式やFXにもあるように、オプション取引も少ない資金で投資をはじめることが出来ます。
レバレッジもかけられますのでハイリターンを狙うことも可能です。
また、含み損が大きくなっても権利を放棄すれば、
投資した分を失うだけで損失がそれより大きくなりません。

被る損失はプレミアム(オプション権利料)のみというわけです。
リスクコントロールが重要な投資において、
リスクが限定されるというのは大きな魅力と言えます。
プレミアム自体高額なものではないため、効率の良い投資が出来、
上手に取引すればローリスクハイリターンが実現出来るでしょう。

Copyright (C) 2012 オプション取引を始めるためには All rights reserved.