オプション取引を始めるためには
menuオプション取引について詳しく説明しています
線
  
オプションって何?
  
オプション取引の仕組み
  
オプション取引の基礎
  
オプション取引の市場
  
           
 
   

金利オプションの3タイプ

今回は、3つの金融オプション取引の中から
「金利オプション」についてまとめていきます。

金利オプションは、金利商品を原資産とするデリバディブ取引です。
さらに「金利キャップ」「金利フロア」「スワップション」の3つに分かれています。


金利キャップとは、 オプションの買い手が売り手にプレミアムを支払うことで、
契約期間中に基準金利がキャップレート(上限金利)を越えた場合、
超過した分の金利を受け取ることができる取引をいいます。
これは金利上限契約で、買い手は金利の上昇リスクのヘッジに、
売り手は利回り向上のために利用するのが一般的とされています。
また、金利キャップが対象のオプション取引「キャップション」というものあります。


金利フロアは、キャップ同様に買い手が売り手にプレミアムを支払い、
契約期間中に基準金利がフロアレート(下限金利)を下回った場合、
その差額を受け取ることができる取引になります。
こちらは金利下限契約で、買い手は金利の下降リスクのヘッジ、
売り手はコスト低減のために利用、と
金利キャップとは反対のものと考えるといいと思います。


スワップションは、スワップとオプションを合わせた造語で、
金利スワップ取引を原資産とするオプション取引のことをいいます。
普通、スワップ取引といえば契約約定で通貨や金利の交換が生じますが、
スワップションは将来のある時点において
スワップを開始する権利を売買することになります。
権利行使までの期間をオプション、
金利スワップの対象になるスワップ固定金利をストライクといいます。
買い手はコストを確定しつつ将来の変動金利の上昇リスクをヘッジするために、
売り手は利回り向上のために利用します。
通常のオプション取引では売買の権利をコールやプットと呼びますが、
スワップションでは原資産の大半が金利スワップとなりますので、
固定金利を払って変動金利を受ける「ペイヤーズ・スワップション」、
反対に固定金利を受けて変動金利を払う「レシーバーズ・スワップション」と呼ばれています。

Copyright (C) 2012 オプション取引を始めるためには All rights reserved.